ダイエット

ダイエット中のスイーツやおやつの取り方 4つのポイント

  • LINEで送る

ダイエット中は、どうしてもケーキや甘いものを完全にやめなきゃいけない固定観念があると思います。それでも、甘いもの食べたいですよね。無理に我慢すると、ダイエットを続けるモチベーションも下がりますし、ストレスになりダイエットの効果がでにくくなります。

長い期間をかけて健康的にやせたいのであれば、スイーツやおやつを我慢する必要はありません。(もちろん、お好みの高カロリーのスイーツを毎日とっていいわけではありません)

ここでは、おすすめのダイエット中のスイーツやおやつの取り方をシェアします。

1.毎日とることができるおやつやスイーツは150カロリー以下とする
150カロリーという目安を作って置くことで、自分でどのくらい食べてよいのかわかります。
もし、これよりも高カロリーのスイーツを食べてしまったら、次の日は、糖分や炭水化物の量を減らしたり、運動を多めにしたりと調節の日としましょう。

2.スイーツを食べる時間帯は午後3時前後がよい
昼食と夕食の合間に食べることで、お腹がすいている時間帯を減らし、血糖値が安定しています。ここで、食べないで我慢をすると、血糖値が下がり、あまりにもお腹がすきすぎて、夕食時に一気にたくさん食べてしまうことになります。また、体も活動時間帯なので、多少のエネルギー消費も期待できます。

3.噛む回数を多くする
口当たりがソフトで柔らかいケーキなどは、咀嚼回数が少なくなりがちですが、意識的に咀嚼回数を多くするよう心がけてゆっくり味わうことで、満腹感が得られます。

4.ノンカロリーの飲み物と一緒に取る
緑茶、ハーブティやコーヒーなどノンカロリーの飲み物とスイーツを交互にとる。暖かい飲み物の方が、飲むスピードも遅くなると同時に食べる方も遅くなるのでおすすめです。水分で胃が膨らむので、スイーツの取り過ぎを防ぎます。

以上、4つのことを意識的に注意して、ダイエット中でも、スイーツやおやつをうまく取り入れることで、ストレスなくダイエットを継続していくことができるようにしましょう。

  • LINEで送る