ダイエット

ピーナッツバターが隠し味、ターメリックとココナッツミルクの野菜スープ

  • LINEで送る

みなさん、こんにちは。

このスープ、実は100%ピーナッツバター(無糖)とお味噌が入っていて、コクを出しています。

スープの具として玉ねぎ、にんじん、ひよこ豆、カリフラワーがたっぷり入っていてスープを食べ終わったら満腹感を感じますよ。

以前から味噌ピーがあるように、ピーナッツとお味噌の愛称はばっちりでおいしいですよね。

お味噌の体へのすばらしい効能は以前のブログにアップしてるので、割愛させていただきますが →ダイエットに味噌を上手に取り入れよう

今回はピーナッツの効能をシェアいたしますね。

ピーナッツの成分の半分は脂肪です。えー、ダイエット中にそんな脂肪の塊なんて食べられないなんて言わないでください。
ピーナッツの脂肪のほとんどは太りにくい植物性の脂肪で、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げ動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果のあるオレイン酸・リノール酸(不飽和脂肪酸)なのです。しかも、抗酸化作用のあるビタミンE、ポリフェノールが豊富で、抗ガン作用やアンチエイジング作用があり、特にピーナッツの薄皮にポリフェノールが多く含まれています。ピーナッツはぜひダイエット中にも取りいれたい食品の一つなのです。

★ここで注意点が2つあります。

1.ピーナッツアレルギー

ピーナッツはアレルギーとして表示義務のある食品です。 ピーナッツにアレルギーをお持ちの方は食べるのをお控えくださいね。

ピーナッツ以外でも、良質な脂肪を含む食品はたくさんあるので、そちらから摂取すればよいことです。例えば、アボカド、鮭、青魚、オリーブオイルなど

2.カロリーが高い

ピーナッツの成分の半分は脂肪と言いましたように、良い脂肪といえども、脂肪は高カロリーです。取り過ぎ注意です。1日15~20粒までを目安としましょう。

食事はバランスが大切です。栄養が素晴らしいからと言っても、取り過ぎはよくありません。いろいろな食品を組み合わせ、バランスよい食事を心がけたいですね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • LINEで送る

食べて健康になるレシピ10(無料)

健康先進国オーストラリアの現役シェフが教える無料e-book「食べて健康になるレシピ10」を配布中。

<こんな方におすすめ>
*いろいろなダイエットを試したけど痩せられなかった
*その時は痩せても、すぐに戻ってしまう
*ダイエットをしたいけど空腹が我慢できない
*仕事が忙しく、食生活が乱れがち
*長く続けられるダイエットをしたい

ぜひ、ダウンロードしてください。

今すぐ無料ダウンロード